So-net無料ブログ作成

2015-02-15 サバゲー@CAMP DEVGRU 私を戦場に連れてって [3次元@サバイバルゲーム]


かつて冬のレジャーの定番と言えばスキーでした。28年前、映画「私をスキーに連れてって」で一大ムーブメントを巻き起こしたスキー。それまでの定番だったスケートを蹴落とし、国民的冬のレジャーの代表になりました。まあ、純粋なスポーツとしての楽しさに目覚めたというよりも、映画よろしく男女の出会いの場として人気を博したというのが偽らざる事実でして、多くの若者がゲレンデにシュプールを描くためというか、近場のロッジで愛のシュプールを描くために雪山に殺到しました。

ゲレンデマジックなんて言葉も生まれました。帽子やゴーグルなどのアイテムが容姿の肝心な部分を誤魔化し、照り返しの強い雪面が自然のレフ板となり顔立ちを見栄え良く演出してくれるために、ごくごく普通の男女が三上博史や原田知世並みに魅力的に見えてしまう現象のことです。

これらの現象によってお互い騙されたと感じつつもそのままずるずると付き合い、ゴールイン。結婚披露宴で松任谷由実の挿入歌を流しつつ、数年後には子宝に恵まれて・・・という流れが日本人の人口増加の方程式になりつつありました。

しかし、悲しいかな所詮ブーム。熱しやすく冷めやすい国民性とバブル崩壊の追い打ちによってスキー人口は減少。当然ながら日本の出生率も右肩下がりになってしまいました。政府高官を始め、多くの有識者がこの事態に憂いを感じており、スキーに代わる恋愛レジャーを模索するも事々く失敗し現在に至っています。

そこで、ひとりの日本人としてこれ以上の人口の減少をくい止めるべく私が提案したいのが『サバゲー恋愛レジャー化』略してレンジャー化です。

ブームの火付け役としての映画は「フルメタル・ジャケット」や「ハンバーガ・ヒル」「地獄の黙示録」などエグイのが盛りだくさんですし、サバゲーでは容姿を上手く誤魔化してくれるタクティカルヘルメットやシューティンググラスがあります。さらには撃ったり撃たれたりの生き死を擬似的に体験できる吊り橋効果も相まって男女の恋愛を盛り上げる要素がサバゲーにはたくさんあります。

電動エアガンの普及により冬でのゲームも支障なく遊べる時代になりましたのでスキーに代わる冬の恋愛レジャーとして認知さるようになれば日本の人口も増加するのではないでしょうか。「恋人はクリス・コスタ♪」なんて挿入歌がフィールドに流れる日が来ることを切に願っております。

・・・という戯れ事はこの辺で終了。いつものサバゲーの紹介になります。
今回訪れたのは千葉県四街道市にあるCAMP DEVGRU。元々ビレッジ1という老舗のサバゲーフィールドを2014年12月にリニューアルオープンしたところになります。




森林をベースにしたフィールドながら昨今の新フィールドの例に漏れず大規模な資本を投入されて造成されたフィールで映画のセットさながらの凝ったアイテムが設置されています。




セーフティエリアのテントもしっかりとした造り。大人数にも対応した大型のテントで雨天でも安心です。


今回我らがチームは3名のみでしたが、定例会には多くの参加者が集まり熱い戦いが繰り広げられました。フィールドは相当な広さのうえ、複雑な造りになっており慣れないとリアルに迷子になります。
















・・・最後に報告しておくと、今回も参加者自体は多かったですが、いつもの事ながら女子はほとんどいませんでした。「私をサバゲーに連れてって」という女子がいましたら我がチームは大歓迎ですのでご応募のほどお待ちしております。

2014-02-12 ワンフェス2015で衝動買い。巴マミマスタオルver [2.5次元@フィギュア/プラモ]

ブログタイトルの日付的には2月12日になっていますが、実際に記事を書いているのは4月5日。前回のエントリーが年末だったので、かれこれ約4ヶ月ぶりの更新になります。前回サボっていたときにはブログに変な広告が勝手に掲載されていましたが、今回はあまりの長期間ログインしなかった為か、プラウザのキャッシュからブログ管理用のIDやパスワードも消えており、ログインするのに大変難儀しました。

さて、とりあえず今回はワンフェス2015[冬]で衝動買いしたフィギュア、巴マミバスタオルverの紹介になります。劇場版魔法少女まどかマギカ[新編] 叛逆の物語にて、「夜更かしは美容の天敵なんだけどな」という、中学生女子とは思えない妙齢なセリフと、そのセクシーなボディーを披露して観客の度肝を抜いた名シーンの立体化になります。

正式な製品版としては7月に発売予定とのことですが、ワンフェス会場で先行限定発売。価格は8000円也。製品版の定価が7800円(税込み)ですから先行限定版の方が200円お高い値段設定。しかしながら特典として「マミさんの入浴剤~ミルクの香り」が付いてきたので不満はございませんでした。というか、むしろたったプラス200円でマミさんが入浴したお風呂の香りを楽しめるなんて最高です。ダイソーあたりで金色の糸でも買って湯船に浮かべればよりリアルな残り湯を楽しめますので購入者のみなさんはぜひ試してみてください(ゲス)


フィギュアのケースはこんな感じ。前面に貼られたクリアフィルム越しから造形の出来をチェックできるように配慮しつつも、肝心な箇所については中央を横断しているネームの帯で見せない仕様になっており、店頭で置かれた際に目にしたお客様の性欲と物欲をかきたてる秀逸なデザインになっております。バスタオルの中がどうなっているかは購入してからのお楽しみというワケです。ハイ。


で、こちらがマミさん本体。撮影ブースの背景を白色にしたので、あまりエロスは感じませんが劇場版と同様に夜空を背景にすれば妖艶な色気が醸し出される素晴らしい造形に仕上がっています。


こちらは後ろ姿。マミさんと言えばその豊満な胸に目を奪われがちですが、意外に華奢なマミさんの肢体に驚かされます。後ろ姿だけ見れば現役女子中学生らしい線の細さというか、あどけなさが感じられて背徳的なエロに浸れます。


太腿からふくらはぎまでの連続した脚線美もさることながら、健康的で柔かそうな踵と、絶妙なカーブを描く土踏まずの造形がたまりません。


続いては上半身のアップ。マミさんらしい優しさに満ちた表情も素敵。今にもバスタオルを抜き放ちそうな躍動感溢れる右手の造形も良いです。




左手にはめられた指輪もしっかりと塗装されており、隙がございません。





多くの変態紳士の諸君が気になっているのが、このバスタオルの奥の造形だと思いますが、残念ながらバスタオルは身体に密着しており、昨今流行りのキャストオフはできません。したがってマミさんのおっぱいが具体的にどうなっているかは永遠の謎のままでございます。


一方、もう一つの神秘についてはキャストオフせずともローアングルで確認可能。風呂上がりという設定のため、バスタオルの下は当然「何もつけていない」ハズですが・・・・まあ、その真実は購入者だけの権利ということでここでは言及致しません。


というわけで、巴マミバスタオルverの紹介でした。マミさん好きなら買っておいて損はないと断言できるフィギュアですのでご興味のある方は迷わずにポッチっとしていただければよいかと思います。


おまけ。
今回のワンフェスで購入したケロロニッパーの写真。よくある安価なタイアップ商品かと思いきや、プラモ業界では超有名なニッパー会社、GODHANDとのコラボ商品。その切れ味はモデラーのお墨付きということで、マミさんのバスタオルをどうしてもキャストオフしたくなったら使おうかと思っています。(マテ)







この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。