So-net無料ブログ作成

2014-09-01 艦これ夏イベント、ALS(作戦)バケツチャレンジを振り返る。 [3次元@スナップ写真/日記]

全国の提督のみなさま。夏のイベントAL作戦/MI作戦の戦果はいかがだったでしょうか。
我が艦隊はというと、AL作戦はなんとか完了したものの、MI作戦については緒戦であるE-3であえなく力尽きました。


夏イベント最終日である8月29日。ボスである空母棲鬼のゲージ破壊寸前まで追い詰めたものの結局は倒しきれずに出勤時間を迎えて終了。今回も春イベントと同様に有給を取って最後の悪あがきをしてみようかとマジで悩みましたが、そもそも俺氏艦隊がストックしていた資源がほぼ底をついていたので断腸の思いで諦めました。まあ、進む勇気よりも退く勇気のほうが大事だと言いますし、当初の目的である大淀は無事ゲットできたのでヨシとしました(震え声)

それにしても、今回の夏イベントは片手間にプレイしている俺のような「にわか提督」には大変厳しい内容だったと思います。もう初っ端のE-1『北方AL海域へ進出せよ!』から大苦戦。ALで参加した艦娘はMIには参加できないといった小難しいルールはもちろんのこと、やたらと索敵値を上げないとボスに到達できない仕様や、我が艦隊の主力をボス前で容赦なく大破させる敵戦艦様の優秀さに何度頭を掻きむしったことか。

艦娘のレベルの問題なのか、装甲値の問題なのか、はたまた単純に運がわるいのか、イベント前に160個程度用意していたバケツの半数がE-1で消えていきました。想定外の速度で減っていくバケツの数ホントビビりました。巷ではセレブな皆様が頭から氷水をかぶるALSバケツチャレンジなるチャリティーイベントが話題になっていましが、底辺である俺といえば艦娘にバケツをぶっかける毎日。ああ、これが格差社会というものか。

で、無数のバケツをぶっかけ続けて得た報酬がこちら。駆逐艦『春雨』です。おお、ロリ可愛いではないか。苦労が報われた気がします。(月並みな感想)


さて、ロリといえば、次ぎのステージであるE-2のボスである北方凄姫が素晴らしかったですね。こんな無垢な幼子をボコボコにするというのが艦隊の任務というのはロリとして多少気が引けますが、戦いとは非情なもの。悲しいけどこれが戦争なのね、と本気で潰しにかかります。E-1では編成に散々苦労したので攻略サイトを参考に、艦隊を編成してチャレンジ。


編成は『電』、『響』、『カカオ』、『鈴谷』、『飛鷹』、『RJ』を軸に、下ルートで固定でコツコツと攻略。E-2も俺的には難易度が高く、大破撤退の嵐で涙目になりました。艦娘全員と、支援艦隊にキラ付けをして挑むも夜戦マスで高確率で被弾。つーか、キラ付けって本当に効果あるのか?と疑問に思えてしまうほど大破します。無事にボスまで到達できたのは5回出撃中1回程度でした。それでもバケツチャレンジを繰り返してなんとか撃破。




そして待望の眼鏡娘、軽巡洋艦『大淀』をゲット!委員長タイプのすばらしい眼鏡娘です。コンプティークかなんかの雑誌で工作船明石とツーショットで描かれていた艤装姿が素敵だったので本当に嬉しいです。

なにより駆逐艦の『巻雲』『望月』、潜水艦『伊8』、重巡洋艦『鳥海』そして戦艦『霧島』に続いて、眼鏡娘艦隊が組める事に俺歓喜!・・・・・・え、戦艦武蔵?しらない娘ですね。

これまでも「任務(クエスト)」画面で登場していた大淀。穏和な笑顔ながらどこか秘書然としていた娘が敵の砲弾を受けてどのようなリアクションをするのか。興味は尽きません。というわけでさっそく中破させてみました(ゲス)

マーベラス&エクセレント!ずり下がった眼鏡と、ずり下がったスカート。そして露わになった下着姿が俺のリビドーを刺激する!眼鏡は顔の一部であり、スカートもまた女体の一部であるならば、どちらもずり下がったその扇情的な姿に俺もスボンをずり・・・(以下規制)



つーわけで、夏イベントはにわか艦隊の俺には難易度が高かったのですが、大淀をゲットできたので大満足でした。



2014-08-23 多摩川花火大会の写真 [3次元@スナップ写真/日記]



毎年恒例の多摩川花火大会の写真です。
昨年はなんか芸術っぽい写真にチャレンジしてあえなく失敗しました。なので今回はごく普通に撮ることを心がけました。それにしても打ち上げ花火の撮影ってホント難しいですよね。バルブモードで、リリーズを使用して撮っていますが最適なシャッター開放時間がいつまでたっても把握できません。早めにシャッターを閉じると単発の寂しい花火の写真になるし、長すぎると露出オーバになるし。特にスターマインは激ムズです。世に出回っている素敵な花火写真は一体どうやって撮っているのでしょうか。まさし師匠教えて。

と、相変わらず前置きが長くなったのでとりいそぎ撮った写真を紹介。ピントはマニュアルでF値は8.0前後で撮っています。リリーズ握りながらビール飲んだり、おにぎりを食べたりしていたので、実はズームリングはほとんど触れてません。というわけで画角が違うのはトレミングしただけです。
















以上多摩川の花火大会の写真でした。え、なに?やっつけぽい?うん。それ正解。

2014-08-15 C86夏コミ&となコス 2日目 [2次元@アニメ/コミックス感想]

初日の快晴とはうって変わり本日は曇天。まるで寝不足で思考低下した俺の脳をトレースしたかのようなスッキリしないお天気です(意味不明)。

ところで、晴天より曇天の方が影が和らぐため、ポートレートには向いているなんて話がありますが、どうなんでしょうね。太陽にほんの薄く雲がかかっている場合は確かに撮りやすいというか、写真が奇麗に仕上がる印象があります。しかし、今にも雨が降り出しそうなレベルのどんよりとした曇り空の場合はむしろ難しい気がします。光が弱すぎて全体的な輝きが減ってしまうんですよね。それをカバーするにはカメラマン側に相応の経験と技術が必要なわけですが、残念ながらそのどちらも無い私の場合、本日のような曇天だとついおよび腰になってしまいます。と、泣き言というか、言い訳をしても始まらないので、となコスとコミケの2日目の写真を紹介。

最初に撮影したのは東京ミュウミュウから桃宮いちご@七瀬りなさん。そして藍沢 みんと@えにゃさん。うん、二人ともめっちゃカワイイですね。OPの歌詞じゃありませんが、Doki☆Dokiしちゃいますね。結局のところカメラマンの技量は関係なくカワイイ娘はカワイイという真理。






























続いてはラブライブから南ことり@ひめこさん&園田海未@まひるさん。こちらも素敵です。


























キルラキルから纏流子@レナさん。あいかわらずの迫力です。無星の俺には仰ぎ見ることしか出来ない。我が師匠まさし氏がスタジオばりの照明セッティングをされている間に弟子の俺がすかさず撮影。








満艦飾マコ@ろべりたさん。マコの制服は白色と青色のさわやなか色で大好きです。マコらしく色々と動いてもらって撮影。でも俺の腕が追いついていないのが悲しい。ジャンプの撮影って室内だとかなり難しいですね。でも楽しげな感じにはなったので満足しています。








さて、ここからはコミケ会場で撮影したレイヤーさんを紹介。
まずはラブライブの西木野真姫チアガールver@kurehaさん。チアガールと言えば、両手のボンボン。猫じゃらしに反応する猫のように、男はこのボンボンに無条件に反応します。それを持っているのが美女であればなおさら。当然の成り行きとして彼女の周りにはものすごい人だかりが出来ていました。






続いて、ローアングル上等の初音ミク・・・でいいのかこれ?とにかく凄いインパクト。


任天堂が誇るワリオ、マリオ、ルイージのお三方。




ラブライブから真姫の節分編覚醒ver@あろえりーなさん。なんてキュートな鬼なのでしょうか。彼女が鬼だとしてもこんな可愛い鬼に豆は投げられません。というか、むしろ俺にマメを投げつけてほしい。刮目せよこれが日本の節分だ(支離滅裂)








モーハンでよろしいでしょうか。実はゲームやったことないけどあまりにカッコイイので撮らせて頂きました。




そして最後にして本日最大のインパクト、弱虫ペダルから御堂筋君と京都伏見高校の面々。それにしても御堂筋君の顔つきを再現できるヒトが現実にいたとは驚きです。その舌の長さといい、ある種の天才を見た。






以上、コミケ&となコスの2日目の写真でした。3日目?あ、ちょっと体力的に無理なのでお休みしました。

2014-08-15 C86夏コミ&となコス 1日目 後編 [2.5次元@コスプレ撮影]

前日の続きということでC86夏コミ&となコスの1日目の戦果「後編」をお送りします。撮影場所は西トラックヤードの先にある屋外展示場。コミケではコスプレ用のエリアが会場内に複数用意されています。この屋外展示場エリアはその中でも一番広いエリア。そのため大型の装備を携えたレイヤーさんや、大人数の併せも可能で人気があります。しかし、時間帯によってアクセスの難易度が変わるのが難点。

私が訪れた13:00台の場合、入場門から→4Fの屋外展示場→企業ブース→屋外スロープで下りる→1Fの西1ホール脇→西トラックヤード→屋外展示場と、相当複雑なルートになっていました。企業ブースの待機列が捌けると、屋上展示場と屋外展示がダイレクトに繋がるので難易度は一気に低下しますが、そのタイミングが掴めず毎度泣かされています。時間によってアクセスの難易度が変わるなんてまるでRPGの某ダンジョンのよう。

さて、そんな屋外展示場で特に目を惹いたこちらのレイヤーさん。ガンダムビルドファイターズからアッガイⅢの着ぐるみを着たコウサカ チナ嬢です。愛らしいベッアッガイⅢと、美少女のチナ嬢の組み合わせにオレ歓喜。






続いてはTHE IDOLM@STER(アイマス)から、ミキ@みちこさん。きらびやか&セクシーなステージ衣装がよく似合っています。まさにトップアイドルといった感じ。






マクロスフロンティアからマイクの代わりにオサンショウウオさんを握るランカ嬢@くろさん。夏の日射しに聖マリア学園の白い制服は映えますね。俺も彼女と一緒に学校に通いたいと思うも、聖マリア学園は女子校だったことを思い出す。






狼と香辛料からホロ。思わず一緒に旅をしたくなる素敵な笑顔です。こんなホロに「優しくくりゃれ?」とか言われたらおじさんたぶん萌えすぎて天昇することでしょう。






艦これから、天龍と龍田の姉妹。「提督!スク水はお好きですか?」とお手持ちのボードに書かれていたので、声に出して「大好きです」と答えました。うん、後悔はしてない。





東方から犬咲夜嬢。獣耳、メイド服という組み合わせが良いのはもちろんのこと、なにより透明感のある無垢な美少女と背徳的イメージを持つ首輪の組み合わせが素晴らしい。まさに至高。






コミケと言えば美少女キャラだけではなくネタキャラを撮るもの楽しい。というわけで変態仮面。白いブリーフとお稲荷さんが素敵(ウホ)




逆転裁判からなるほど君。USAから来られたそうです。リクエストに応えて「意義あり!」と言ってくれたりとサービス精神旺盛な方でした。


海外繋がりということで、スウェーデン製のPCゲーム、マインクラフトのキャラ。独特なポリゴン姿を上手く再現しており笑えました。




続いては、コスプレエリアの定番である庭園エリアから、艦これの祥鳳さん@宇佐見坂うさりさん。祥鳳が大好きなレイヤーさんで、撮影中も祥鳳さんの運用促進活動をされていました。「俺氏艦隊の祥鳳さんはLV42ですが撮影よろしいでしょうか」と確認したところ快くOK頂く。遠征に連れてけばすぐにLVが上がりますとの素敵なアドバイスを頂いたので『囮起動部隊支援作戦』に任命しました。ちなみに中破後に旗艦にして提督部屋に呼び出すと艦娘屈指のエロさがあるのは内緒。







同じく艦これから戦艦長門@鈴影零さん。長門は俺氏艦隊の中で最強の攻撃力を誇るエース。大和?知らない娘ですね。ビッグ7の艦娘らしく、威風堂々とした佇まい。彼女がいればどんな海域でも怖くない。といわけでリアルで俺の艦隊に所属してほしいと心の中でオファーを出す。






以上でコミケのコスプレでした。その後ふたたびTFTに移動。冷房完備のTFTはオアシスですね。ほんと冷房はリリンの生み出した文明の極みだよbyカヲル。つーわけで、コミケの熱気で火照った身体をクールダウンさせてから撮影開始。

TFTにもどってから最初に撮ったのは「悪魔のリドル」からゲスカワイイと評判の走り鳰嬢。あまりの美少女ぶりにおれの身体は再びヒートアップ!美少女はリリンの生み出した萌えの極みだよby俺。











そして最後は艦これから、川内、なかちゃん、神通の三姉妹。高練度の提督でなければ拝むことが出来ない改二verですね。まさに後光というかホロを背負ったレアな三姉妹の完成度に俺歓喜。


神通@朋茶さん。それにしてもこの神通の素晴らしさよ。名前に恥じぬ、まさに神がかった美しさ。





艦隊のアイドルなかやんこと、那珂@りのさん。もう解体要員なんて言わせない。改二になってからのなかちゃんのかわいいさはまさにトップアイドル。






川内@Bankoさん。忍者テイストを取り入れ、さらに夜戦向きになった改二の川内さん。こんな奇麗な彼女に「夜戦しよ」と言われたら、照明弾を撃ちまくってお出迎えすることでしょう。





以上、コミケ&となコスの一日目でした。

2014-08-15 C86夏コミ&となコス 1日目 前編 [2.5次元@コスプレ撮影]

夏コミC86の初日。容赦なく照りつける真夏の日射は、我が柔肌をオレンジ色、すなわち「暁色」に染めていきました。『暁の水平線に勝利を刻め!』とは艦これのキャッチコピーですが、暁色に日焼けしてしまった我が肌と引き替えにして、二次元と三次元の水平線に佇む素敵なレイヤーさんをたくさん激写してきました。コスプレカメラマとしては、まさに完全S勝利といったところ。まあ、実際のところ、いい年したおっさんが、レイヤーさん撮影のためにコミケに参加するという時点で人として完全な負け戦なワケですが、その辺りは目を瞑って、かりそめの勝利の余韻に浸りつつ、その戦果を発表したいと思います。



今回も、コミケ&となコスの両面作戦、すなわち「AL/MI作戦」を発動したわけですが、最初の戦場はとなコス会場であるTFTです。最初の戦場をとなコスにした理由は言わずもがなですが、空調が完備していて涼しいからですねハイ。そんな涼しい会場で、さらに涼しげな水着姿のお二人を撮影。ラブライブの「夏色」から、絢瀬絵里@mioさん&西木野 真姫@Stellaさんです。
二人ともめっさカワイイので、俺のテンションは、いきなり全機突撃モード。






















この時点でお昼過ぎだったので、一旦TFTを後にして、混雑が緩和したであろうコミケ会場に移動。しかしながら予想に反して正門横のコスプレ広場は大混雑でした。そんな中で一際注目を浴びていたのが、まどか&ほむほむのお二人。




お次は、ラブライブから花陽@木苺みるくさん。うん、ラブライブは詳しくないですが、カワイイのはよくわかる。夏コミ終わったら視聴してみようと思います。




艦これからカカオこと重巡洋艦の高雄@ちゃみさん。俺氏艦隊の重巡では一番レベルが高い。俺の中で改二が最も望まれる艦娘です。






コミケに来たら、かならず押させておきたいfateのセイバーさん@琴音さん。赤いドレスが素敵です。






Free!から松岡兄妹。松岡凛@みかんさん、松岡江@おおかみさん
。凛ちゃんが、イケメンすぎて、俺の倫理感もフリーになりそう。全砲門を開きたくなる(意味深)






化物語から阿良々木月火ちゃん@ライチさん。浴衣姿が萌えます。俺が暦だったらいいのにと妄想しつつ撮影。






艦これからゴーヤこと伊58。帝国海軍謹製の由緒正しきセーラー服とスク水に敬礼せざるをえない。それにしても、本当にロリカワイイ。一緒にオリョクルできたらどんなに楽しいだろうと、妄想しつつシャターを押す。







そして艦これから夕張@空蝉子さん。軽巡艦としては唯一の4スロット持ちの彼女。装備換装で悩んだら、是非とも最後の1スロットは俺を装備してほしい。






さて、ちまちまと、写真編集&ブログ記事を書いていたら、いつの間にか外がリアルに暁に染まってきました。というわけで、とりあえず、一旦ここで戦果発表は中断。後編はまた明日にします。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。