So-net無料ブログ作成

2013-12-31 C85 冬コミ3日目のコスプレ&となコス3日目 [2.5次元@コスプレ撮影]

嫁が大掃除に勤しむ中、コソコソと自宅を抜けだしコミケに向かう。趣味のためなら女房を泣かす~♪と「浪速恋しぐれ」の替え歌を口ずさみつつ会場に向かいます(人として最低)

さて、コミケ最終日も天気に恵まれて快晴でした。寒さもそれほど感じず、絶好のコスプレ日和といったところ。ちなみに水平が取れていないのは寝不足だったためと言い訳しておきます。


まず最初に撮影したのは、豪奢な蒼のコートとドレスに身を包んだセイバー@霞しろさん。気品と威厳を兼ね備えた、これぞまさに私の求めたブリテン王の御姿であります。





続いては「艦コレ」から高雄さんと愛宕さん。我が艦隊の重巡洋艦の中でも屈指の戦績を誇る二人。黒髪が素敵な高雄さんは未だに戦艦勢と拮抗した実力をお持ちで、普通に主力の一人として第一艦隊に所属させていたりします。一方でパンパカパーンの妹さんは何故か被弾率が高く、ドッグの常連さん。でもその陽気な性格と破壊力抜群の胸部装甲はオレのお気に入り。今回コミケでこの姉妹は絶対撮っておきたかったのでめっちゃ嬉しかった。




テスト用プラグスーツに身を包んだエヴァの式波・アスカ・ラングレー。うん、めっちゃカワイイ。明るいオレンジ色のプラグスーツも冬の空に映えてグッドです。「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」が劇場公開されたのは2009年の6月。ということは、この姿のアスカが登場してすでに4年近く経過しているハズですが、何故かとてもフレッシュに感じます。




リトルバスターズ 来ヶ谷唯湖@☆或☆ さん。屋外展示場のコスプレエリアの過密ぶりは半端なく、上手く統制が取れないとまともに撮影できない状態になってしまいます。そんな中、彼女はアニメのキャラと同じく「姉御」肌を発揮し、キビキビとカメラマンの列をコントロール。カワイイ&カッコイイ姿に萌えた。





マクロスフロンティから銀河の歌姫シェリル・ノームのお二人。流石は銀河の歌姫。ギャクシー的な華があります。シェリルは色々なバリエーションが撮っていてとても楽しい。




こちらも歌姫として名高いギルティクラウンから楪いのり@かてこさん。ぜひ彼女のヴォイドを引き出したくなるが、もちろんオレは集ではないので断念。




ローゼンメイデンの翠星石と蒼星石のお二人。標準画角のレンズでビッグサイトの背景を入れ込もうとした為、禁断のローアングラーになってしまい、ひやひやしたのは内緒。




進撃の巨人からサシャ・ブラウスと、ミカサ・アッカーマンの二人。サシャの口にパンを突っ込むミカサwww。食いしん坊のサシャが喜ぶ表情と、無表情のミカサとの対比が面白い。



パンを頬張りご満悦なサシャ。



オレがエレンだったら何度でもマフラーを巻いてあげたくなるミカサ。




彼岸島から、主人公の兄である宮本 篤と鬼。万能兵器の丸太を持った篤がめっちゃカッコイイ。・・・はぁはぁ。こういったキャラが見られるのがコミケの好いところですね。



艦コレから駆逐艦の雷(いかずち)@yuzuさんと電(いなずま)yui*さん。「し、信じられん・・・ま、まさか、あの艦娘が眼前に!」「知っているのか?」「うむ、あれこそ第六駆逐隊の要、雷と電」(出典元、男塾)というネタはさておいて、とにかく二人が可愛い過ぎてビックリしました。




艦コレは排水量というか、カテゴリーが駆逐艦→軽巡→重巡→戦艦と、UPするたびにカワイイから美しいへと変化していきますが、流石は八八艦隊計画の第一号艦戦艦、長門さん。艦隊を代表する美貌である。




金剛型4姉妹の末娘「霧島」。眼鏡っ娘なので知的な雰囲気がありますが、何気に武闘派という噂。




CLAMPのツバサ-RESERVoir CHRoNiCLE-から桜。玖楼国の姫に相応しい清涼感のある美しい衣装です。一体どんな「対価」を払えばオレは彼女と仲良くなれるのだろう。




サイレントヒルのクリーチャー。レッドピラミッドシングとバブルヘッドナースのカップル。めっちゃ怖いですね。絶対お近づきになりたくない二人。


そんな二人の間に迷い込んだ八九寺真宵www絶体絶命すぎる。


とうわけでコミケの撮影はこれにて終了。


次はTFT編といきたいところですが、ほとんどの時間をコミケに費やしていたため、それほど撮影できませんでした。とにもかくにも、オレの琴線に触れた三組のレイヤーさんを紹介。

妖狐×僕SSから白鬼院凜々蝶と髏々宮カルタ@心臓爆発さん。「I」師匠のお手伝い(レフ板操作)後に撮影。入念に構図を決めて、アイキャッチの入り方まで考えていた師匠にくらべて、構図に工夫がないのはご愛敬。それにしても心臓爆発さんの瞳が素晴らしい。見つめられるとドキドキします(悲しい男の勘違い)。




魂コレから深海棲艦の空母ヲ級。貧弱な対空装備の初期に出くわしてフルボッコにされたのは良い思い出。それにしてもスゴい作り込みです。電飾も備わっており、めっちゃかっこいい。是非オレの母艦になってほしい。






009 RE:CYBORGから主人公、島村ジョーと、紅一点のフランソワーズ・アルヌール。シンプルなのにスタイリッシュな衣装がカッコイイ。つーか、俺もリアルで欲しい。

戦う男は夕日が似合う。斜めに射し込んだギラギラとした光と強い陰影は、男の矜持を象徴しているかのようです。それにつけてもこの格好良さ。俺も見習いたいです。




柔らかな光を帯びて、包むような優しさを感じさせるフランソワーズ。柔よく剛を制すという言葉を体現しているかのようです。それにしてもこの美しさ。尋常ではありません。




というわけで以上、冬コミ3日目のコスプレ&となコス3日目の写真でした。みなさんよいお年をお迎えください。
そして来年も宜しくお願い致します。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。