So-net無料ブログ作成

2015-04-04 東京サバゲーバークでウピウピ [3次元@サバイバルゲーム]


関口宏が支配人を務めていたTBSの『東京フレンドパーク』を覚えていますでしょうか。俳優、お笑い芸人、アイドルなどの芸能人が各アトラクションゲームに挑むバラエティーの元祖として一時代を築いていた番組です。芸能人がワイワイキャキャと楽しんでいる姿をただ眺めているだけという、視聴者置いてきぼりの番組のわりには大変人気があり、かく言う私も結構好きでした。

さて、そんな『東京フレンドパーク』の代名詞といえば出演者がそれまでのゲームで獲得した金貨を元にダーツゲームに挑む番組最後のコーナ「ビッグチャレンジ」。投げたダーツが首尾よく大当たりマスに当たれば、三菱の高級4WD車「パジェロ」がゲットできるというバブリーなコーナ。高額なパジェロが当たるか否かの緊張感もさることながらスタジオの観覧者の一糸乱れぬ「パジェロ」コールが秀逸でした。芸能人がパジェロをゲットできても、観覧者は何も貰えないのにもかかわらず、それでもコールする様はまるで無償の愛で我が子に声援を送る母親のような生暖かさとムズ痒さがありました。

しかし番組を盛り上げた目玉賞品の「パジェロ」でしたが不景気のせいなのか、はたまた当時世間を賑わした不祥事のためのか、いつの間にかトヨタの「パッソ」にグレードダウン。それなりに稼いでいらっしゃる芸能人が大衆車の「パッソ」を本当に欲しいかといえばはなはだ疑問で、「パピプペ、パッソ」という間抜けなコールと共に、視聴者の失笑を誘う微妙な番組に成り下がってしまいました。

案の定『東京フレンドパーク』の人気はそれから下降線を辿り番組は打ち切りになってしまいました。しかし、それから数年後、『東京フレンドパーク』ならぬ『東京サバゲーパーク』がサバゲー界で爆誕。その1周年記念大会では『東京フレンドパーク』彷彿とさせる豪華賞品が乱舞。サバゲー開始前のくじではいきなり次世代エアガンやPS4などの高額賞品が飛び交いました。

なお、『東京フレンドパーク』といえば、綺麗なお姉さんの「従業員」が番組に花を添えていましたが、『東京サバゲーバーク』ではサバゲー界のアイドルであるウピウピ隊がフィールドに花を添えていました。こちらのウピウピ隊、ただカワイイだけのアシスタントとは違い普通にゲームに参加。フィールドでは野郎どものケツアナに果敢に弾丸をぶち込んでいました(誇張)。オラその姿を見るだけで大満足でした(変態)。

・・・というわけで、今回の前置きはこの辺で終了。東京サバゲーパークで開催された1周年記念ゲームの様子をUP。


パジェロを凌駕する軍用車ハマーが展示されていました。流石にこちらは商品ではありませんが。この手の車があるとフィールドの雰囲気がぐっと本格的になります。


流石は1周年記念ということもあり、参加者は100は確実に越えていました。チームは赤、黄色、緑に分かれて交互にゲームを行う形式。ゲームテンポがよくてほとんど休む暇がないくらいでした。ちなみに参加費は確か弁当コミで2500円という破格値。






























ゲームの合間にシューティングマッチ大会も開催されていたので我らがチームも参加。このシューティングマッチは3つのSTAGEがあり、それぞれのSTAGEのタイムを合わせた総合タイムを競うゲームになります。


まずはSTAGE1。分解されたハンドガンをテンポよく組み立てるのがキモなSTAGEですが、不器用なオレは当初組み立てられずに最初のチャレンジではまさかのタイム計測不能になりました。そのどんくさい姿に計測員も思わず苦笑。写真はあんまりなので、再チャレンジした様子になります。それでもまごつくオレ。










STAGE2では精確な射撃の腕が問われます。










STAGE3はこんな感じ。射撃の腕もさることながら、機動力が問われます。このシューティングマッチは大変面白く、我々チームは結局2巡しました。総合タイムでは隊員2名がTOP10にランクインしていましたが、オラは2巡ともにランク外でした。












以上東京サバゲーバークのゲームの様子でした。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。